🏠私の事。こんなはずじゃなかった!私の子育て

はじめまして!兵庫宝塚 おうち整えサポーターの 横田ちひろです。

 

私は娘が生まれる前、子どもがいる生活って楽しくて充実した日々だと思っていました。でも、出張がちで夫不在の生活の中、イヤイヤ言う小さい娘を前に、なんでこんなに大変なんだろう。

 

結婚6年目にやっと授かった子どもなのに、私は母親失格。どうしてこんな小さな娘に優しくしてあげられないんだろう。周りの人に「子育てを楽しんでね」そう言われる度に、楽しめない私ってダメなママ。そう思っていました。

 

周りにもなかなか、助けて!って言えず、夫は外で働いているから、家の事くらい、子育てくらい、自分で頑張ってやらないと!そう思っていました。でも気持ちは空回り。家は乱れ、夫にも娘にもイライラな日々。

🏠ある日ふと

そんなある日「娘にイライラするのは、私がそもそも子どもの事を知らないからなのでは?」と思いつき、子どもの発達について、専門家の先生の力を借りて学び始めました。すると、娘の困った行動は、健常な成長段階の一つである事が分かりました。

 

すると、今まで娘の「大変だ」と思っていた所が「この子はこの子らしく、のびのび生きてるだけなんじゃないか?」と思うようになりました。

 

そして、娘が安心して遊び、「やりたい!」と思う事が存分に出来る環境を家で整えてあげたらどうだろう?と思いたち、国内外の幼稚園や保育園の保育環境・こどもの住環境学を研究し、自宅の環境を整え始めました。

 

🏠家を整える事ってすごい!

すると子どもが驚くほど落ち着き、いつの間にか子どもと一緒にいる事が苦では無くなりました。

 

「家を整える事ってすごい!」家の環境を整える事で、娘は安定し、私の気持ちに余裕が出来ました。私に余裕が出来ると、娘の成長や個性が見えてきて楽になりました。

 

今まで「〇〇歳だから、隣の〇〇ちゃんがもう出来ているから」と焦ったり、「そんなんじゃ、私がちゃんとしたママと思われない!!」と自分の勝手な価値観を小さな娘に押し付けてきた事にも気づきました。

 

🏠なぜ知る機会が無いの?

それから「どうして今の世の中では、私のような普通のお母さんが、人の成長と個性にあった、家庭環境の整え方を学ぶ機会が少ないんだろう」「それさえ最初から知っていれば、もっと私もラクだったのに」そんな事をずっと思ってきました。

 

大切な事を知る機会が無いのに、子どもを産んだらすぐに、いいお母さんを求められるのは何故なんだろう。そして「いいお母さんでない自分」に苦しむのは、何故なんだろう・・・

🏠抱っこが苦手。母として自信が全くなかった私

「子どもをぎゅっと抱きしめましょう」子育て本にはそんな事がいっぱい書いてありました。自分の中で、過去のいろんな葛藤があって、子どもの事を抱っこしながら「愛してるよ!」って、手放しに言ってあげられなくて、それもずっと母としてコンプレックスでした。

 

でも、家の環境を整える事で、私も子どもも気持ちが安定し、間接的に「あなたはそのままで大丈夫!大好きだよ!」って、少しは言えている気がしました。

 

そう思えるようになって、お母さんだってゆっくり親になったらいいんだ。親子は一緒に育ったらいいんだ。自分にも「そのままで大丈夫」と言ってあげられる様になりました。

 

そうやって自分を認められる様になって、諦めかけていた夫との関係も少しづつ変わっていきました。

 

🏠GoodEnough(ほどよい)家庭環境づくりを目指そう!

私は決して、自信満々の”出来た”お母さんではありません。自分の子育ては葛藤しまくり!!でも、こんなリアルママだからこそ、皆さんに寄り添える事がある様な気がしています。

 

「心地いい家の環境」を整えると、親子は家族は少しづつラクになれる。急な変化は無いかもしれません。でも、つまづきながらもそれを続ける事自体が、将来への大きな財産になると思っています。

 

完璧じゃなくて、ゆっくりと、GoodEnough(ほどよい)おうちの環境づくり目指して、まずは小さな一歩を踏み出してませんか?

 

私が精いっぱいお手伝いさせて頂きます。